ニュージーランドサッカー連盟会長の名文

http://www.flickr.com/photos/8697781@N06/4693694751

来年のキリンチャレンジカップ 2014 で、日本とニュージーランドが戦うことになったんだけど、それに寄せてニュージーランドのサッカー連盟会長フランク・ヴァン・ハッタムさんがこんな言葉を寄せています。

当初予定されていた試合からおよそ3年の時を経て、この度の国際試合に再び招いていただいたいことに感謝申し上げます。

2011年3月、日本対ニュージーランド戦をキャンセルした当時の判断が正しいものであったことは疑いの余地がありません。ニュージーランドと日本はともに、2011年2月のクライストチャーチでの地震、2011年3月の東日本大震災によって、とてつもなく大きな損害を受けました。この様な痛ましい状況においては、サッカーより優先すべきこともあるものです。

ニュージーランドと日本は、国として素晴らしい関係を様々なレベルで長年築いてきました。そして、両サッカー連盟間の協力と互いへのリスペクトもその例外ではありません。

我々は2014 FIFAワールドカップ ブラジルに向けた日本の準備に協力できることを嬉しく思うとともに、2020年東京オリンピックに向けた建替えを前に、国立競技場で行われる最後の代表戦という歴史的な試合に参加できることを光栄に思います。

ニュージーランドサッカー連盟 New Zealand Football Inc.

会長 President

フランク・ヴァン・ハッタム VAN HATTUM Frank

キリンチャレンジカップ2014 SAMURAI BLUE(日本代表)、3月5日に国立でニュージーランド代表と対戦決定 大会概要およびチケット販売概要 | SAMURAI BLUE サッカー日本代表 | 日本サッカー協会

良い文章だと思いましたので、フランク・ヴァン・ハッタムさんについて調べてみました。

NZFのフランク・ヴァン・ハッタム(Frank van Hattum)会長は、政府機関やプロ選手協会、チーム、スタッフらと「長時間の協議」を重ねたうえでの「苦渋の決断だった」と話している。

ニュージーランド、日本との慈善試合を辞退 安全に懸念 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

開催まで4年ありますが、今にも準備を始めなければなりません。特に開催都市など、いくつか重要な決断を早めに下す必要があります。開催都市としてオークランド、ウエリントン、クライストチャーチの名前が挙がっていますが、地域にもたらす経済的効果を考えると、開催都市選びにも高い関心が寄せられることは間違いありません

FIFA主催サッカーU-20ワールドカップ、ニュージーランドが開催国に > ニュージーランド

とても頭良さそうな感じがする。