友人の PC 2 台組んだ

組みたいという友人が 2 名いたので、じゃあ同時にやるかということになり、やりました。

1 台目

Core i7 6700 (Windows 10 Pro: Hyper-V 用) をメインとした構成。

この人のやつ。用途は Windows 10 上での Hyper-V を使った仮想環境の多重立上げ及びその中でのマルウェア解析。楽しそう。Hyper-V やるならメモリ 32GB とか 64GB 積めばいいのに、こんなに安くなったんだし、と散々煽ったんですが結局 16GB という結果に。まああと 2 スロット余ってるんで早々に買い足してくれることでしょう。

ケースは型番失念したけど、ヘアライン加工の黒アルミは本当にかっこいいですね。

項目 モデル
CPU Core i7-6700
メモリ Kingston 16GB(8GBx2) PC4-2133
マザーボード H170M-D3H
SSD Transcend SSD370S (256GB)
HDD TOSHIBA MD04ACA300 (3TB)
PSU Seasonic SSR-450RMS (450W)
OS Windows 10 Pro 64bit

ほとんど難所なく組み上がった。ケースがやや特殊で、SSD を天盤から吊り下げる構造で面白かった。H170M-D3H は Intel 製のイーサネットコントローラを積んでるんですが、それでもドライバ CD からインストールしないと LAN を認識しなかった。なんか新しいやつ積んでるのかな。

2 台目

Core i3 6100T (Ubuntu 16.04 Desktop: 録画サーバ用) をメインとした構成。人の PC 組むの 6 台目なんですが、録画サーバ用途は初。

項目 モデル
CPU Core i3-6100T
メモリ Crucial 2-4GB DDR4-2133 UDIMM 1.2V
マザーボード H110I PRO
SSD Transcend SSD 220S (120GB)
HDD WD Blue 4TB
PSU SST-ST30F
OS Ubuntu 16.04 Desktop
Case Silverstone ML06

友人本人は ML05 を所望していたんですが、在庫切れで泣く泣く ML06 に。でも僕は断然 ML06 がかっこいいと思う。Silverstone は本当に良い Mini-ITX 向けケース作るよね。SG06 とかも本当に好き。以下は SG06 の参考画像です。マイルストーン編集会の 34 期前後の人は見覚えあると思う。サークルで 1 台デスクトップ PC を組もうという話になった(雑誌を作るサークルなんですが、300 ページの高解像度 PDF 出力とかに耐えうる馬力の PC が欲しかった)時に、完全に僕の趣味で選んだのでした。

http://www.silverstonetek.com/images/products/sg06/SG06B-3-4-1.jpg

閑話休題、ML06 はこんなケースです。7L しかない。なんとこの中に Mini-ITX な M/B に加えて SSD が 1 基、3.5 インチな HDD が 1 基、それに録画用の PT3 が入ります。今回はサーバ用途ということで低消費電力版の i3 6100T を選んだ訳ですが、こいつには身長の低めなファンが付いてて、身長が低くてよかったという感じ。

http://silverstonetek.com/images/products/ml06/ml06-34.jpg

組込みはまあ苦労しながらも無事済んだんですが、問題は録画環境の構築でした。最初 Ubuntu 14.04 を入れて試したら(馬鹿)、当然 Skylake 世代の Intel CPU に対応したドライバがバンドルされておらず、動画再生が見るに耐えなかったり、いろいろあり難航しました。当初の作業予定時間を大幅に超過してしまい申し訳ない。Ubuntu 16.04 における Chinachu での録画環境構築に関する情報が少なくて困ったので、また稿を改めて書きます。

以下は作業中の様子。皆さんありがとうございました。

f:id:alea12:20160724163409j:plain

f:id:alea12:20160724165857j:plain

f:id:alea12:20160724175435j:plain

f:id:alea12:20160725150424j:plain