RICOH THETA SC を買った

f:id:alea12:20180922233313p:plain

360 度撮影カメラのエントリー機、 THETA SC を買いました。 360 度の静止画 / 動画を撮影できるやつです。静止画に加えて 動画も撮影可能 というのがポイント。色は 4 色の中からホワイトを選びました、真っ白でかわいい。

f:id:alea12:20180922233447p:plain

100g ちょいという超コンパクトボディで、レンズとシャッターボタン以外は、側面に電源ボタンと撮影モードボタンのみという超シンプルな構造になっています。撮影時にはスマートフォンと WiFi で接続し、スマートフォンの画面で画角を確認することもできますが、単体で撮影し、後から結果をスマートフォンで確認するという使い方もできます。

どんなものが撮れるかというと、こんなものが撮れます。(画像は THETA で撮影した画像を共有できるポータルサイトから転載したもので、筆者が撮影したものではありません)

Hawaii 5 - Spherical Image - RICOH THETA

少し古い機種の THETA S を少しの間借りて使ったことがあったのですが、アウトドア好きとしては 360 度カメラの 1 台くらい所有しておきたいという気持ちになり、買いました。ケースもかわいいです。

f:id:alea12:20180922233652p:plain

上位機種である THETA V と変わらない開放 F 値 2.0 のレンズを備えながら半額以下と、かなりお買い得です。発売から 2 年経っており価格も落ち着いていることから、購入を決めました。価格.com での価格推移はこんな具合です。

f:id:alea12:20180922233953p:plain

上位機種である THETA V との主要な違いはこんなところ。

THETA V THETA SC
重量 約121g 約102g
最高感度(静止画) ISO3200 ISO1600
最高感度(動画) ISO6400 ISO1600
最高SS(静止画/動画共通) 1/25000秒 1/8000秒
解像度(動画) 3840 x 1920 1920×1080
動画最大記録時間 25分 5分
ライブストリーミング 対応 非対応
Bluetooth 対応 非対応
内蔵メモリ 約19GB 8GB

一方、以下の仕様は共通となっています。 V と SC とで悩んでいる方は、上記が気にならなければ SC で問題ないかもしれません。

  • 外形寸法
  • 有効画素数、静止画解像度
  • 開放 F 値
  • 動画フレームレート

はやく山とかに連れて行って撮影しまくってみたいと思います。楽しみですね。

製品紹介 | RICOH THETA

RICOH 360度カメラ RICOH THETA SC (ピンク) 全天球カメラ 910741

RICOH 360度カメラ RICOH THETA SC (ピンク) 全天球カメラ 910741

RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー

RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー